家賃保証会社社員が本気で何でも答えたら

家賃保証会社に関してネットには嘘や誤解が多すぎる。だから自分が答える!

【質問】おすすめ保証会社はどこですか?

おすすめ保証会社はどこですか?と聞かれる家主がいます。以前、ほぼ同じ内容について回答しているのでそちらをご覧ください。

ただ、それだけで終わるのも不親切ですので、もう少し。お勧めという意味合いでは少し違いますが、よく話せる営業担当者のいる保証会社にしたほうが良いです。正直なところを言えば、保証内容が違ったり、付加価値があったり、保証上限があったりと判断基準は多いですが、基本の基本はどこも同じです。しかも、保証会社の特徴で、入居者の家賃が遅れないとどこの保証会社が使い勝手が良いか分かりません。不動産会社も可能な限り良い方を入居者につけようと頑張りますし、そもそも家賃は遅れません。遅れてもすぐに管理会社に支払えば家主に家賃が遅れたという事実すら伝わらない事もあります。仮に3つの保証会社を使っていたとしても、1案件しか問題化しなければ、その案件の保証会社の対応が一般的な対応なのかどうなのかが判断付きません。当然、営業担当は良いことしか言いませんので違いが非常に分かりにくい。

だからお勧めするのはちゃんと話せる営業担当がいる保証会社を使ってくださいとお答えします。

それでも困ったら、大手でも使えばいいんじゃないでしょうか。大衆心理というか、みんなが使っているから大丈夫理論です。ただ、多くの方が使っているということは家主仲間や不動産会社でも知っている可能性が高いということです。大手とざっくり紹介です。

日本セーフティー
売上高は文句無くNo,1。一番売れてる保証会社と言ってよいでしょう。無借金で経営も磐石。

全保連
売上高100億円超。文句無く大手保証会社。CMも出していて知名度も抜群です。

日本賃貸保証(JID)
こちらも売上高100億円を超えていたはず。超老舗保証会社。最近社長交代がありました。

Casa
家主と直で契約する事を推し進めています。東証二部上場会社。

ジェイリース
売上規模では上の4社に劣りますが、伸びが凄まじい東証一部上場会社。

フォーシーズ
事業用を扱うなら検討したほうが良いです。保証範囲に広く、承認率が抜群に高い。

グローバルトラストネットワークス
外国人を入居させるなら最初に検討すべき保証会社。サービスが手厚いです。

たとえ他社の紹介になろうとも嘘は書きません。
ご連絡は hoshokaisha@excite.co.jp


【質問】JIDってどうですか?潰れるって本当ですか?

ここのところJID(日本賃貸保証)について立て続けに質問がきます。JIDってどうですか?と書けば保証内容はどうなっていますか、という質問にも取れますが、質問者が聞きたいのは決まって「潰れますか?」ということ。

それだけ業界内に悪い噂があるということだと思いますが、業界人として悲しいことです。そんな情報が流れるのは社員が情報を流しているからでしょう。しかも役員じゃなくて一般社員だから情報のソースが怪しい。情報の確度がない。しかも、それを聞いて他社営業が「あそこは危ないですよ!社員が辞めてますから!」とか言い出す始末。業界のモラルもまだまだ低いし、愛社精神ってのがないなと思います。いまどき、愛社精神なんて言葉は流行らないのかな。

さて、そんな私のところにもある程度の情報が入ってきます。私なりの意見ですが、JIDが潰れると言っている人は冷静になって考えて見てください。長期的に見て業績の悪いとき、良いときがあるのが会社です。一過性のものに流されて判断を誤ってはいけません。

保証会社というのはストックビジネスです。契約者が入ると最初に保証料を受け取ります。その後、1年毎に更新料を受け取ります。だから契約件数が多ければ多いほど、何もしなくても入る更新料が非常にありがたい。ただ、一度家賃が遅れると、そのまま回復せずに一気に悪化する契約者も多く、回収ノウハウがないととたんに資金が流れる。良い入居者の数を確保しつつ、悪い入居者への対処が肝心です。JIDほどにもなると契約数も相当数になります。比較的審査率も高い保証会社ですから、不動産会社としても使い勝手が良いのでしょう。つまり、多額の更新料が受け取れるということです。

もちろん新規の売上に比べれば額はそれほど大したものではないはずですが、それでも一気に倒産、とはならないはずです。人材流出の話しも聞きますが、会社が危ないから辞めます、なんて人は残っていてもその内辞める人ですから、考えようによっては在庫処分が早くできたとも言えます。役員が辞めて保証会社と立ち上げたといいますが、立ち上げたのが保証会社でなかったら応援しますけど、同業ではどうでしょうか。世間に歓迎されるかは微妙なところです。

何が言いたいかっていうと一時的に業績が悪くなる事はあっても、持ち直す可能性はありますよってことです。JIDは社長が変わりましたが、新社長の腕の見せ所ということではないでしょうか。ここで数年悪化し続けると本当に危ないです。

ちなみに過去には(今でも?)他社から危ないと言われていた保証会社もあります。全保連とかフォーシーズとかが他社から危ないと言われていましたね。今では全保連はテレビCMの効果もあって、知名度では保証会社では一番ではないでしょうか?フォーシーズはオフィスなどの保証で安定的に業績を伸ばしているようです。
何にせよ、営業担当の他社批判は間に受けないことです。

最後に、JIDの時も、全保連の時も、フォーシーズの時もそうですが、
危ない危ないと言って営業する人は恥を知りなさい。

知ってることは何でもお答えします。
ご連絡はhoshokaisha@excite.co.jp まで。

【質問】 強制退去になったらどうなるの?

強制退去になったら、、、悲惨ですよ、本当に。

最初に誤解されたくないので1つ。強制退去というのはある日突然荷物が処分されていた、鍵が交換されていた、ドアロックされていたとかそういうのを言っているわけではありません。そういうのはただの犯罪です。少し前に追い出しとかで問題になっていました。ここでいう強制退去というのは裁判を行って、大家側(家賃保証会社側)が勝訴して、合法的かつ強制的に荷物を出す事ができる状態になって、それでもなお自分で退去しないので強制的に行うという場合の強制退去のことです。法的には強制執行と言います。

この強制執行というのは裁判所の命令で行われるので抵抗しても意味が無いです。本当に強制的に行われます。ときどき自分は本当に家賃が払えないのになんて無慈悲な的なことや家賃が遅れるのには事情があるだろ、こんな方法をとるなんて酷過ぎます的なことを言われる方がいますが一切関係ありません。というよりも家賃が遅れて過ぎててどうにもならないから仕方なくやりたくもない裁判をやっているので、この期に及んで何を言っているのかという感じです。

で、強制的に荷物を出されると出された荷物は処分されます。(期限内に取りに来ればもちろん返しますが、お金がないから荷物を出せなかった方々なので基本的には取りに来ません。)部屋を出された人は自分で方法を考えるしかありません。実家に戻る、友人のところに居候するが多いように思えますが電車賃すらない人も稀にいますし、実家や友人に相談できるようなら家賃が遅れて裁判になっている時点で相談すると思いますけどね。他にも職場に転がり込む人とか。それすらできない人はホームレスになる人もいます。私の経験で1人だけ強制執行後にホームレスになった人を知っていますが、ホームレスはホームレスで縦社会で、縄張りがあって新参者は大変らしいです。あとは途方に暮れて困っているところを警察に保護されて、その後生活保護を受ける人とか。生活困窮者向けの団体や施設に入る人とか、若干怪しい宗教関係のところに御世話になる人とか。正直なところ家賃が送れて裁判になって、それでも出て行かずに強制退去になっている人で、その後幸せになったという話しは聞きませんし、想像できません。言ってしまうと普通でないことをやり続けた結果が強制退去ですのでその辺は仕方ないのかもしれません。

更に追い討ちを掛けるようですけど、仕事をしている人は給料の差し押さえが入ります。どういうことかというと毎月貰う給料の一部を会社から強制的に本人ではなく家主に払ってもらう手続きを取ります。銀行口座を持っている人は口座の差し押さえが入ります。これは預金が残っている場合には強制的に家主に払ってもらう手続きです。もし部屋の中にお金に変えられるような価値のありそうな家具や動産があればそれも差し押さえられます。強制的に売られて家主に家賃分として充当されます。つまり部屋を出されたからと言って支払いがなくなるわけじゃないのでその後も大変という事です。稀に部屋を強制的に出されたんだから支払う必要が無いということを言う人がいますが、支払い義務は残り続けます。

だから家賃はきちんと払おうね、という話しです。で、ここまで書いて思ったんだけど、質問者はこれを聞いて何をしたいのかな?

【質問】 保証会社の団体って何がありますか?

家賃保証会社の団体は下記の3つだけです。

・家賃債務保証事業者協議会
・全国賃貸保証業協会(LICC)
・賃貸保証機構(LGO)

主張は違いますが、監督する官庁がないので保証会社で集まって自主的にルールを作っていきましょうということです。

・家賃債務保証事業者協議会(http://www.jpm.jp/hoshou/index.html
名前が長くて覚えづらい。所属団体は54社ととても多い。全国に大体150社の家賃保証会社があると言われていますので3分の1はここに所属している計算です。役員名簿を見ると協議会長はスターツグループの賃住保証サービスから出していますね。

・全国賃貸住宅保証業協会(http://jpg.or.jp/index.html
名前が長いpart2。長いのでLICCと略します。所属団体は13社とまずまず多い。会長は全保連から。家賃債務保証事業者協議会とLICCの両方に所属している保証会社も結構あります。

・賃貸保証機構(http://www.lgo.or.jp/index.html
名前が短いけど略してLGO。所属団体は5社。代表理事はCasaから。日本セーフティーだけはLGOと家賃債務保証事業者協議会の両方に所属しています。LGOに参加しているCasaもフォーシーズAlemoハウスリーブも他には所属していないので1社だけまたがっていると目立ちますね。

団体はこの3つだけですが、家賃保証会社として大手の日本賃貸保証はどこにも所属せず独自路線を通していますね。

→2018/6/11追記
日本賃貸保証(JID)は家賃債務保証事業者協議会に昔から属しています。嘘ついていました。ごめんなさい。メールで教えてくれた方、ありがとうございました。

間違っている記事の指摘も
ご連絡は hoshokaisha@excite.co.jp まで

【質問】 家賃が払えません。どうしたらよいですか?

家賃が払えません。どうしたらよいですか?

家賃が本当に払えない場合どうなるのか。本当に本当に頑張っても払えない場合には自主的に退去して下さいとなります。普通に考えて家賃を毎月○日に支払うと約束していてそれが守れないのだから部屋は使わないでねという理屈です。でも果たしてそれができるのは別問題です。

まず最初に考えるのは親、兄弟を頼ること。妥当な線ですね。でも一度家賃を親に払ってもらっても次はどうするのか、追いつけるのかという問題が残ります。1回限りであればこれでも良いです。友人に頼るのもありですがお勧めしません。お金が絡むと友情関係に傷が付きます。消費者金融等から借りるのは全くお勧めしません。借りても金利が付きますから、問題を大きくした上で先延ばしにするだけです。ヤミ金から借りるのは全く駄目です。お勧めしないどころか今後が破綻します。というよりも具体的にヤミ金に連絡を付ける手段を教えて欲しいくらいです。私はヤミ金からお金を借りる方法を知りません。

職場に相談するのもお勧めしません。給料の前借りだなんて話しをするだけ生活環境を疑われますよ。職場の人も余程のことが無い限り都合をつけてくれません。それが普通です。

じゃあどうするのか。本当に家賃が支払えない場合には役所に相談しましょう。もしあなたが”本当に”家賃を支払えないほど生活に困っているなら助けてくれるはずです。生活保護という方法もあります。生活保護、制度としては昔からあるんですけど一時期人気芸人の親族が生活保護を不正受給しているとかで問題になりましたよね。そういったことが度々問題になるので敬遠、というよりも差別されがちですが、きちんとした国が作った弱者救済制度です。ありがたいことに日本は本当に困っている人は国が助けてくれる制度があるんですね。生活保護という制度が悪いわけではないんです。制度を悪用する悪い人が世の中に多すぎることが悪いんです。日本のモラルも低下したもんですね。

住宅費の補助がある市町村もあります。新婚だからという理由で補助が出る市町村もあると聞いたことがあります。お金が入り用になる方にはどこかの市町村で補助があると思って良いです。自分が住んでいる場所の制度は知っておいても損はないですから困ったときには役所に相談して下さい。

では役所に相談した、生活保護も受けられないという場合はどうしたらよいか。それはもう国からは”本当に”困っているわけではないと判断されたわけですから自分で考えてどうにかするしかないです。そういう困った方を支援する団体もありますから、そういうところに相談するのも良いのかもしれません(これについては私は全く分からないですが、看板では支援する事を全面に出していますよね)。厳しいようですけど家賃保証会社も待てる範囲と待てない範囲があります。待てないという事は訴訟するということです。訴訟するということは自主的に退去しないと裁判後に強制退去になる事も考えられます。

だから家賃を遅れてはいけない。