家賃保証会社社員が本気で何でも答えたら

家賃保証会社に関してネットには嘘や誤解が多すぎる。だから自分が答える!

家賃保証会社の社員に刃物を向ける家賃滞納者

スポンサーリンク
家賃保証会社の社員が刃物を向けられたという事件がありました。ニュースでは刃物ではなく、「模擬刀」となっています。なぜ、刃物ではなく模擬刀と書いたのか、それはキャッチーだからでしょう。

家賃保証会社は家賃の支払い能力を保証する仕事です。その結果、入居者が家賃を遅れたら家主に立替払いします。しかし、家賃保証会社は連帯保証人ではないので支払いをするわけではありません。立替ているだけなので入居者に支払いを求めます。

大体は電話だけで解決するのですが、自分から電話をしない、電話をしても折り返さない、無視するという方は結構問題のある方です。この電話を無視する人が多い多い。多すぎてびっくりするくらい多いです。全体的な割合では少ないのかもしれませんが、母数が多いので1日電話し続けても終わらないくらい電話を無視する人がいます。

そんな電話で解決しない人に電話をし続けても意味がないので、さっさと家まで行きます。家まで行っても無視する人は無視するのですが、会える場合もあります。会うと当然支払いの話をするのですが、言っていることがむちゃくちゃで解決にならない場合には解決する方法ができるまで交渉する必要があります。

家賃は払えないから払えないと言い続ける家賃滞納者、対、払えないのは分かったからいつ、どうやって支払えるのか答えて欲しい家賃保証会社社員の戦いです。いえ、間違えました、戦っていません。交渉です。

だいたい、この手のやり取りは平行線が続くのですが、激高する方は稀です。ですが、激高すると刃物を取り出してくるというのは保証業界ではよく聞く話です。珍しいといえば珍しい話ですが、ぜんぜんあり得る話ですのでさほど驚きません。

ですが、模擬刀ともなれば話はやや別ですね。明確な何かを感じます。

ちなみに、わざわざ模擬刀と書いているのは刀とは明確に違いがあるからです。大きな違いは刃があるかどうか、つまり斬れるかどうかです。要するに見た目だけ日本刀です。叩かれれば痛いですが、刃物ではありません。ですが、先はとがっていますし、刃物ではありませんが、危険なことには間違いありません。何より相手に与える威圧感が普通じゃないです。

今回の事件、家賃延滞者は69歳のおじいちゃんだそうです。場所も川崎市と言いますし、若い頃はやんちゃだったのかもしれません。

ちなみに、ニュースでは模擬刀で脅したということで逮捕されています。この方は家賃が4ヶ月遅れているそうですので普通に考えれば、この後、強制退去になります。

しかし、しかしですよ。私はこのニュースを見て、模擬刀というところよりも注目するところがあります。

家賃保証会社社員の男性(53)

とあります。53歳です。家賃保証会社の回収部隊としてはかなり高齢な部類です。どうなんでしょうね、こういうの。

切れなくとも模擬刀を突きつけたら即、逮捕です!


ちなみに、話が平行線にならない場合でも相手が激高することはあります。色々ありますが、家賃保証会社側が強靭姿勢を貫き通した場合です。この場合、どっちが悪いとは言いませんが、最終的には、やはり刃物を出したほうが悪いことになります。

さて、今回どこの保証会社とは書いていませんが、川崎市ということもあり、何かを思い出してしまいます。

いや、まさかな・・・とは思いますが。

ご意見は info@hoshokaisha.jp まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保証会社の記事を売る阿呆に買う阿呆

スポンサーリンク
世の中はステマで溢れています。ステマで溢れすぎて記事を勝手に作って本当のように書いています。

こいつはひどい


世の中不思議なもので、家賃保証会社の記事を集めたがる人がいます。記事を集めてまとめて公開するのですが、その情報元が創作だったりするから笑えません。しかも、1記事54円です。たぶん税込み価格なので1記事50円で売買されているようです。

よくもまぁ、労力をかけて50円で書くもんだと思いますし、50円で買えると思ったもんです。それでもやっているということは50円で実際に買えるからやっているんでしょうね。驚きです。

当然、家賃保証会社を推奨する内容よりも家賃保証会社の何かを書く内容を欲しがっています。その方がユーザーに受けるからです。結果、真実ではない、ユーザーが欲しがっている情報が世の中に出回ることになります。

そんなことをして、何の生産性があるのだろうかと思います。

しかし、そういうことをやる方がマーケティングをうまく回せるのでしょうから、やる阿呆よりもやらない阿呆なのでしょう。

私は日々、私なりに書いていますが、これがどこまで響くかも分かりません。ユーザー数は伸びていますが、たぶん、記事を買ってうまく回したほうが閲覧数は伸びるのでしょうね。

皆さん、私の記事も含めてですが、情報は書き手の書きたいことが出てきます。受け手は欲しい情報しか見ません。真実かどうかは自分でよくよく判断して騙されないようにしてください。

冒頭の画像で全保連という文字が見えますが、全保連の記事が欲しいという人は、普通、褒めるか叩くかのどちらかです。極端に褒めぎる記事も極端に叩く記事もどちらも信用なりません。特に全保連がヤクザという記事は信用できません。

業界的には、ある程度大きな保証会社は社員の質次第で、ある程度強硬姿勢はとっていると思います。それが正しいとはまったく思いませんが、割合的にはそんなものです。

ご意見は info@hoshokaisha.jp まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グローバルトラストネットワークス、HPリニューアル

スポンサーリンク
家賃保証会社のホームページリニューアルが止まりません。

今度はグローバルトラストネットワークス(GTN)です。

元々の白を基調にした赤いサイトのイメージはそのまま、しかし、上下に固定メニューを設置した結果、使いづらくなりました。SFビルサポートといい、あんしん保証といい(https://anshin-gs.co.jp/)最近はこの手の固定メニューが流行りなのでしょうか。

察するに、スマホユーザーの方が多いのでスマホ向けに作ってPC版はおまけなのか、自分たちのパソコンの画面が大きいのでこれでも使いやすいと思っているか、何も考えていないのかのどれかだと思います。

私のようにパソコンの画面の小さいユーザーにとっては画面の上部に固定メニューが出てくるだけで画面が小さくなるのに、上下に出てくるとなるともはやページを見たくなくなります。

どうも、GTNはワードプレスで作っているようです。ソースに丸出しです。そしてコメントアウトしている箇所が多いので、きっとちょこちょこ変更するつもりのようです。

ん?もしかして、と思って見てみるとあんしん保証もワードプレスでした。時代の波が来ていますね。

そして、残念かな。右上にlanguageとあるので英語と中国語ぐらいは使えるのかな?と思って触ってみると動作しません。

んん?なんで?と思ってよくよく見てみるとコメントアウトされている部分にen、ko、zhの3文字が。これってどう見ても英語、韓国語、中国語ですよね。そして、その直後にこのスクリプトはたぶん不要なのでコメントアウト解除しないでねと書いてあります。

ぜんぜん不要じゃなかったよね。

好意的に解釈しましょう。きっと、まだ、英語も、韓国語も、中国語もページができていなかったんですよ。だったら右上のlanguageごと削除しろっていうのは野暮なもんです。

ま、私もホームページのことは分からないのですが


今日はソースコードの話なので分からない人もいるかもしれませんね。

ご意見は info@hoshokaisha.jp まで


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家賃債務保証会社の10社に1社は赤字!?

スポンサーリンク
家賃債務保証会社の10社に1社が赤字、と書くと保証会社は儲かっていないんだな、と見えますが、情報元は2014年のデータです。

突然、何を言い出したかというとエルズサポートのLPを見て気になりました。例えばですが、「賃貸保証」でグーグル検索をするとリスティング広告が出てきます。

よくあるLPの形といえばそうですが、やや誤解を招くような表現があります。しかし、嘘は書いていないというような印象です。

家賃保証会社は基本的にそれほど儲かりません。というよりも、儲けるためには圧倒的多数を取り込んで滞納リスクを抑えるか、優良顧客を囲い込んで利益率を上げるかしかないからです。

圧倒的多数を取り込んでいる例では、全保連は年間30万件以上の申し込みがあります。申し込み数と契約数は一致しませんが、申し込み数がそれだけあるということは契約数、つまり保証料も入ってくるということです。

ただ、申し込み数が多くなると、質のよいお客さんも多い代わりに質の悪いお客さんも多くなります。分かりやすくいえば、家賃を遅れる人も多くなります。しかし、家賃が遅れるだけなら回収部隊が動けばほぼ解決します。問題になるのは裁判しないとどうにもならないような層が一定数いることです。

そうなると困るので優良顧客を囲い込みたいのですが、審査を厳しくすると不動産会社に使い勝手が悪いと見放されてしまうので高い承認率を保ちながら、本当に悪いお客さんだけを篩にかける必要があります。

それができれば苦労はしないんですけどね。

もう1つ、家賃保証会社が儲ける方法があります。家賃延滞時の回収率を高く保つことです。そもそもが立て替えた家賃ですから、回収したところでプラスにはなりません。遅延損害金が取れるとは言っても人件費を考えるとほぼ利益にはなりません。むしろ赤です。それでも回収部隊が優秀なら家賃延滞時のマイナスを抑えられますので会社としては利益が確保できます。

しかし、それができている家賃保証会社はそれほど高くありません。

それでも2014年に比べ、2018年は各社、波に乗っている印象です。基本的に保証会社の売上は右肩上がりです。2018年6月に出た日管協の短観でも保証会社の利用率は高い水準で維持できています。

不動産会社の需要がますます高まっているころあいです。

しかし、エルズサポートは2014年のデータを取り出しています。なぜか?悪い見方をすれば自社に都合の良いデータを使っているということもできますが、もう1つ、考え方があります。

私は2014年以後のデータが存在しないからだと思います。

悲しいことに、この家賃保証業界は一般的に、誰も、興味を持ちません。

それは家賃が遅れない人には完全に無駄なサービスだと思われていることと家賃が遅れる人には目の上のたんこぶなサービスと感じられているからだと思います。

データを作るほうも作ったところで興味を持っている人が少なくては作り甲斐もないのでしょう。しかし、家賃保証会社の上場も増えてきたことですし、もう1度作ってみてはどうでしょうか?今、家賃保証会社の統計データを本格的に作れば、どこのサイトも参照にしまくりです。作るだけの価値はあると思うんですけどね。

実は統計データがあるけど、私が知らないだけという可能性もありますので、もしご存知の方は教えてください。

エルズサポートのLPの疑問点の2つ目は自己資本比率に注目している点です。一般論では自己資本比率が高いと倒産しづらいといわれているようです。それは間違いではないですが、自己資本比率が低いということはそれだけ投資に使っている可能性も高く、会社としての成長意欲が高い会社と見ることができます。

事実、自己資本比率だけを見ると家賃保証会社の超大手はトップではありません。

エルズサポートは続いて流動比率と当座比率を上げていますので、複数の観点から総合的に判断すべきといっているのかもしれませんが、結局のところは現金さえあれば会社は倒産することはなく、融資枠に対してどれだけ融資されているかだけの問題で、新たな借り入れ先ができれば問題ない話です。

新しい借り入れ先っていうのを見つけるのが難しいという話はありますけど。

何が言いたいかというと、自己資本比率と流動比率と当座比率を見ても良い保証会社かどうかは分かりませんよ、ということです。どうも、このLPは会計に詳しい人が作ったのか、サービス内容を「その他」でくくっているところが不思議です。

そもそも他の会社が公開していないデータでは比較ができないし、営業担当に聞いても多分、分からないと答えてくると思います。家賃保証会社の営業はだいたいそんな感じだから。

ちなみに、無借金経営をアピールしている会社もあります。借り入れは無いなら無いほうが良いに決まっていますが、借り入れがあるのは普通のことです。過去にも書きましたが潰れない保証会社がよいという結論です。

エルズサポートと結論は同じなのですが、ロジックが違います。

と、いうよりも私がデータを見たい


ご意見は info@hoshokaisha.jp まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LICCの登録保証会社数が減っている!?

スポンサーリンク
業界人でなければまったく気にしない家賃保証会社の団体が3つあります。

  • 家賃債務保証事業者協議会
  • 全国賃貸保証業協会(LICC)
  • 賃貸保証機構(LGO)

この中の全国賃貸保証業協会(通称:保証協会、LICC)ですが、いつの間にか正会員一覧が減っています。驚きです。

2017年5月の段階ではLICCの所属数は13社でした。

それがいつの間にか11社になっています。公式ホームページには平成30年9月現在と書いていますので、もしかしたら最近更新されたのかもしれません。

現在、登録している11社は下記の通りです。

  • アーク
  • アルファー
  • エルズサポート
  • 近畿保証サービス
  • 興和アシスト
  • ジェイリース
  • 全保連
  • 賃住保証サービス
  • ニッポンインシュア
  • ホームネット
  • ランドインシュア

うーん、消えた社はどこだ?と思い出してみたところ、思いつくのが2社あります。オリコフォレントインシュア(2017年10月までの社名はリクルートフォレントインシュア)とレジデンシャルサービスです。

もっと言うと、以前はギャランティー・アンド・ファクタリングも所属していたはずです。

ちなみにレジデンシャルサービスは長谷工ライブネットの子会社です。

なぜ抜けたのか、理由は様々でしょうが、LICCと聞いて最初に思いつくのが保証ブラックです。自分は過去に家賃が遅れているから保証ブラックだとか、ブラックリストに載っているから保証してもらえないと言われる方がいますが、それがこれです。

そもそも俗にいうブラックリストというリストは存在しません。世間でよくいうブラックリストはクレジットカードで引き落としができないことが続くとか、借り入れの返済が3ヶ月滞るとか、自己破産するとか、そういう時に「この人は何年何月にこういうことをしました」という記録が残ります。これを業界では「信用情報に傷がつく」と言い、俗語でブラックリストに載ると言っています。

信用情報機関としてはJICC(日本信用情報機構)、CIC(Credit Information Center)、JBA(全国銀行協会)の3つがありますが、家賃保証会社は、金融系ではあってもいわゆる金融業者ではありませんので、普通はこの3つのどれにも所属しません。そのため、ブラックリストを見ることができません。私がたとえブラックリストに載っていても家賃保証会社の審査には通りますと言っているのはこのためです。

ただし、信販系の家賃保証会社、つまりエポスカード、ジャックス、オリコなどのクレジット会社はこの信用情報機関に所属しているのでブラックリストの方は審査には通りません。

一方、保証ブラックと言うのは、おそらく、LICCが保管している家賃保証会社への滞納履歴の情報のことです。おそらくと書いたのは業界的にも保証ブラックという言い方は普通しません。だから、私に保証ブラックのことを聞かれても分かりませんと答えます。

しかし、現に過去に家賃が遅れた人が「自分は保証ブラックだから」と言っていますので、家賃が遅れたことがある=滞納履歴が機関に残っている、と知っているのだと思います。もしくは、通常のブラックリストに載っているので家賃保証会社の審査に通らないと勘違いして保証ブラックと言っているか、です。

LICCが保管する家賃滞納者の情報は次の情報です。
氏名、生年月日、旧住所、電話番号、免許証番号等の個人特定番号、保証対象物件名・部屋番号、保証対象物件住所、保証開始日、月額賃料、保証終了日、入金額、代位弁済残高など

相当量の個人情報を保管しますね。

話を戻しますが、上述した脱退した保証会社はこの個人情報を登録・共有することを避けようとして脱退したのではないかと推測されます。単純に登録するのが面倒というのもあるのかもしれませんが、自社の情報を他社に渡したくないのでしょう。

また、保証会社の仕事は保証することなのに、家賃滞納者の情報を共有して審査に利用するということは、過去に家賃滞納があった人を保証しないということになるので矛盾が生じます。しかし、ある意味では他社で滞納した人を自社でも受け入れないことで優良入居者だけを囲い込み、リスクが減少するので経営が安定するとも考えられます。

このあたりは経営スタンスなのでしょうが、私に言わせると、賃貸物件では家賃保証会社の利用率は7割、8割なのだから、家賃保証会社の審査に通らないと部屋を借りられないとも言える時代です。そういう時代に積極的に保証しないスタンスを取るのはどうなのだろうかと思います。

綺麗事で経営はできないのでしょうが、保証会社の本質は受け入れることだと思っています。

落ちるに良い意味は感じられない


ご意見は info@hoshokaisha.jp まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加