家賃保証会社社員が本気で何でも答えたら

家賃保証会社に関してネットには嘘や誤解が多すぎる。だから自分が答える!

家賃保証会社の更新料を無視せず、合法的に払わない方法

スポンサーリンク
家賃保証会社の更新料に対する意見が多く出ています。

家賃保証会社の更新は1年に1回です。だから毎年更新料を払う必要があるのですが、これが負担だ、という方は多いですね。普通の入居者にしてみれば家賃が遅れることはありませんから、保証料は無駄なお金に見えるのでしょう。それも分からなくもないです。保証会社の更新料は安いところで1万円、高いところでは家賃の1か月分を請求するところもありますから、1年に1度、家賃と保証会社の更新料であわせて2か月分支払う必要が出てきたりします。

更に、2年に1度賃貸借契約の更新料が発生しますので、契約して2年経つと家賃+保証会社の更新料+賃貸借契約の更新料を支払う月があるわけです。そう考えると更新するのが馬鹿らしくて引越しを考える人がいるのも分かります。

私も賃貸に住んでいた頃には2年以内に引っ越していました。更新料が高いというのもありますが、今では初期費用もそれほど高くないので気分転換というか、新しい風を入れようと思ってです。

もうお気づきかもしれませんが、家賃保証会社の更新料を支払わない方法は更新の前に引っ越すことです。当然ですが、更新の前に引っ越せば更新料を支払う必要はありません。というよりも、更新の時期を迎えても請求を無視し続けたら請求が続きます。

たとえ家賃が遅れていなくとも保証会社の大事な収入源ですので余程のことがない限りあきらめません。稀に更新料を無視し続けた結果訴えられたということもあります。更新料ごときで本気になるなよ、とか思うかもしれませんが、そう思っているのは入居者側であって、保証会社は超必死です。

私の場合、2年以内に引っ越すと書いている通り、1回目の保証会社の更新料は払い、2年経った時の賃貸借契約の更新をせずに引越しをしています。どのタイミングで引っ越すかは自由ですが、2年経った時点が料金的には一番お得だと思います。場合によっては家財保険または火災保険も更新しなくて済みますし。

実は、賃貸借契約の更新料を請求する法的根拠はないんです。ほとんどの場合、慣習で請求しているだけです。では違法な請求かと言うとそういうわけでもなく、裁判の判例では賃料に比べ高額すぎるということがなければ認める、という趣旨のものがでています。

要するに法的根拠はないけど、裁判所も認めているし、契約時に説明している内容なんだから払ってくださいということです。保証会社の更新料も似ています。私は家賃保証会社の更新料についての判例を知りませんが、保証会社の更新料系の裁判でダメとは言われておらず、現段階では認められていないわけではないはずです(判例を知っている人は連絡をください)。だから基本的には保証会社の更新料も払わなければなりません。それが契約というものです。

注意すべきなのは、更新の前に引越しをしなければならない点です。通常の賃貸借契約は退去の1ヶ月前に解約の申請をする必要があります。そのため、ぎりぎりになってから解約の申請をすると、解約申請は更新前だけど、契約期間は更新時期を過ぎていた場合には住んでいないのに更新料が発生します。たとえ数日であってもその期間の保証をしていますし、原状回復費用の保証もしている場合があるからです。そのため、もし更新前に引っ越そうと思っているなら、解約申請の時期は非常に重要です。

更新前に引っ越したら、初期費用が掛かるから結局損をすると考える方もいます。確かに黙って払って住んでいるよりはお金が掛かるかもしれませんが、冷静に考えるとそれほど悪くない選択肢です。

2年経って更新をする場合には、家賃+賃貸借契約の更新料+保証会社の更新料です。賃貸借契約の更新料は1ヶ月分のところが多く、保証会社の更新料は最大で1か月分、更に火災保険の更新や更新時の事務手数料を考えると3か月分近くの出費がでる可能性があります。

一方、今では敷金1ヶ月、礼金0円で部屋が探せる時代です。仲介手数料も0円の不動産屋もありますので安く済まそうと思えば、敷金+家賃+火災保険料+引越し代+保証料で済みます。敷金は前の物件の分が返ってきますし、保証料は家賃の30%~50%程度、引越し代は数万円です。そうすると言うほど損でもないです。

ちなみに、解約申請をするなら今の時期がちょうど良いです。今解約をすると引越しは12月中旬です。ばたばたする時期ですが、年を明けると賃貸業界の繁忙期になり物件が見つかりづらくなりますし、家賃が高くなりやすい時期です。更に今の時期に引越しをすると大掃除をしなくて済むという特典が付いてきます。

引越しをイベントと捉えると意外に楽しい!


以前も書きましたが、更新料は保証会社の生命線なので、できれば更新してほしいです。それでも引っ越すのであれば次も同じ保証会社を使ってくれると保証会社はとても喜びます。この喜びは入居者に伝わる方法が皆無に近いのが残念ですが。

ご意見は info@hoshokaisha.jp まで

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク