家賃保証会社社員が本気で何でも答えたら

家賃保証会社に関してネットには嘘や誤解が多すぎる。だから自分が答える!

あんしん保証の第3四半期決算短信。短期借入金が5億円増える。

スポンサーリンク
あんしん保証が第3四半期決算短信を発表しています。

四半期純利益
30年3月期 → 31年3月期
営業収益 18億5600万円 → 22億5200万円
営業利益 5300万円 → 1億6200万円
経常利益 1億600万円 → 2億300万円
四半期純利益 5700万円 → 1億1500万円

通期の予想では営業収益で約32億円、純利益で約1億7000万円まで伸びるそうです。昨年の通期数字は営業収益で27億円程度ですから相当に伸びていますね。これはもしかしたら民法改正の波に乗っているのかもしれません。

しかし、伸びとは別に気になる数字があります。短期借入金が5億円増えています。負債は全部で12億円とありますから、売上32億円に対してはどうなんでしょうか?それでも投資と捉えればぜんぜん問題ありませんが、実際のところどうなんでしょうね。

もう1つ気になるのは、売上に対して利益率が低すぎないか、という点。売上が約32億に対して約1億7000万円の純利益だそうです。うーん、そんなものだろうか・・・?

暗闇の中でも動けば必ず光は見える・・・はず!


ご意見は info@hoshokaisha.jp またはコメントまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


【追記】
追加で公開された2019年3月期 第3四半期決算説明資料によると
収納代行立替金の増加に伴う立替資金の調達により短期借入金が増加

だそうです。やはり、借入金は収納代行関係費用らしいですね。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する