家賃保証会社社員が本気で何でも答えたら

家賃保証会社に関してネットには嘘や誤解が多すぎる。だから自分が答える!

日本セーフティーの売上が150億円を越えていて、他を圧倒している!?

スポンサーリンク
先日の各家賃保証会社の売上予想で少し話題に出しましたが、やはり売上高で一番は日本セーフティーになりそうです。

まとめサイトを見て気づいたのですが、日本セーフティーの公式を見てもやはり150億円を越えています。

2013年12月期 82億7300万円
2014年12月期 94億3000万円
2015年12月期 103億4000万円
2016年12月期 113億1600万円
2017年12月期 128億4300万円
2018年12月期 151億8400万円

予想は140億円超だったのですが、結果は150億円超でした。

2017年度が128億円、2018年度が151億円ですから、なんと23億円増、伸び率は脅威の17%です。利益率も20%を越えていますので家賃保証会社の中では超優良です。

民法改正で波に乗っているといわれている家賃保証会社ですが、他社と比べても伸びが大きいことをみると営業力がすごいのだと思う。

しかし、家賃保証会社にもITの波が入ってきていますので、令和の時代は業界も荒れそうです。

売上がすべてではないけれど・・・


日本セーフティーの売上が100億円を越えたのは2015年度です。それから3年で150億円を達成しています。3年で50億円を伸ばしていますので恐ろしい伸び率を維持しています。うーん、脅威。

ご意見は info@hoshokaisha.jp またはコメントまで

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する